源泉かけ流しの天然温泉

源泉掛け流し、癒しの湯

寿楼の湯は開湯から200年の歴史があり2つの泉質を持った赤倉温泉。源泉は日本百名山「妙高山」より引湯しています。それぞれの効能成分が一定量に達していない単純温泉が大半を占める中で「硫酸塩酸」「炭酸水素塩泉」という効能成分を多く含み、カルシウム・ナトリウム・マグネシウムなどミネラルも豊富な赤倉温泉は貴重な温泉と言えます。

イメージ

神経痛、リウマチ、肩こり、腰痛、疲労回復などの温泉に共通する「一般適応症」に加え、
「泉質別適応症」として「美肌づくり」「傷の治癒」にも定評がありそんな貴重な成分をそのままに源泉かけ流しで
たっぷりとお楽しみ頂けます。

イメージ

寿楼の温泉は、源泉が42度~61度のいくつかのお湯が1本にまとめられる「高温泉」で、まさに本物の温泉。源泉温度、源泉からの距離、適度な勾配により、浴槽に満たされるともっとも気持ちのよいと言われる42℃前後になり「自然が恵んでくれた絶妙な湯加減」と称されています。

温泉情報

源泉名 妙高山北地獄谷
源泉温度 50~60℃
泉質 カルシウム・ナトリウム・マグネシウム - 硫酸塩・炭酸水素塩泉
一般適応症 温泉としての一般的な効能 神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・病後回復期・打ち身・捻挫・慢性消化器病・痔疾・冷え性・関節のこわばり・運動麻痺・疲労回復・健康増進
泉質別適応症 硫酸塩・炭酸水素塩温泉としての本温泉独特の効能 切り傷・やけど・慢性皮膚病・美肌効果・動脈硬化症
ご入浴時間 24時間

※天然温泉を存分に楽しんで頂くために源泉掛け流しにて湯の花もそのまま浮いています。
 ろ過・過熱・循環等は一切しておりませんので、本物の温泉をお楽しみ下さい。

※当館主人は、赤倉温泉組合の理事を務めており、自然が恵んでくれた温泉を維持管理し皆様に安心して
 ご利用頂ける様に努めております。毎日組合員が源泉まで登り、お湯の管理をしています。

ページトップへ